キュビカのブログ

大阪の建築CGパース制作会社 デジダスキュビカ > キュビカのブログ > 建築CGパースソフトの使い方 > 【3dsmax初心者向け】基点の移動、数値入力によるモデルの移動方法

【3dsmax初心者向け】基点の移動、数値入力によるモデルの移動方法

こんにちは。デジダスキュビカの文元です。
今回は基点の移動、数値入力によるモデルの移動方法をご紹介致します。

 

新しく入社した社員から教えて欲しいと言われた基本的な内容で、ブログではまだ未記載だったので
ご紹介させて頂きます。

 

 

基点の位置を調整して作業しやすくする

まずは基点の移動についてご説明致します。
基点とは下記画像のようなモデルを選択した際に出てくるX軸、Y軸、Z軸が表現されたものです。

この軸は基本的にX軸、Y軸の中心、もしくはX軸、Y軸、Z軸の中心に存在しますが
ポリゴン編集で変形させる、移動させると軸の場所がずれたり、
モデルの外側に出てしまったりします。

 

基点がずれすぎるとモデルの移動や画面の回転の際とても作業がし辛いことになります。
なので基点の位置は作業する上で意外と重要になるときがあるのです。

 

①下画像のように基点がずれてしまった場合、モデルを選択して
「階層」→「基点」→「基点にのみ影響」をクリックすると
基点の周りに大きな矢印マークが現れます。
これでモデルに影響なく基点のみ移動することができます。
またスナップを効かせた移動も可能です。

②また基点をモデルの中央に配置する機能もあります。
「階層」→「基点」→「基点にのみ影響」を選択している状態で
「中心オブジェクト」をクリックするとモデルの中心に
基点が配置されます。

以上が基点についての内容です。
次は数値入力によるモデルの移動方法についてご説明致します。

 

 

モデルがどの位置にあるかを示す数値について 

※0地点から離れすぎると不具合が起こる可能性も

 

以前【CGパース制作初心者向け】3dsmax・モデルの移動についての記事で
「選択して移動」を右クリックすると数値入力による移動方法をお伝えしましたが
今回は別のやり方です。

 

③「選択して移動」をクリックしている状態でモデルをクリックすると
下のX:Y:Z:に数字が現れます。

 

これは選択しているモデルが3dsmaxの中のどこに存在しているのかを表しています。
ちなみの黒色の太線がXとYの0地点で中央の立方体モデルはX:Y:Z全てが0地点に設定しています。
(黒色の線はグリッドといいまして左上の[+]をクリック後グリッドを表示を選択すると現れます。
ショートカットキーはGです)

 

ちなみにこの数値は①②でお話しました基点の場所の数値となります。
つまり基点がモデルから大きくずれているとX:Y:Zを0で設定しても、その地点にモデルが来ません。

④複数のモデルを選択して③の方法で移動させる場合ですが
全て同じ位置に移動してしまいます。

 

※下画像は同じ大きさの立方体を2つ選択してX:Y:Zを0で設定したものです。
1つの立方体に見えますが、実は2つのモデルが重なっています。

⑤2つの立方体モデルをグループ化してX:Y:Zを0で設定すると下画像の結果になります。

複数で③の移動を行う場合はグループの有無で結果が変わりますのでご注意下さい。
さてこの移動方法で重要になってくるのは計画建物、主要のモデルが0地点から離れていると
レンダリングの際に不具合が起こる、作業がしにくい(モデルを見失う)などがありますので
作業開始時は計画地を0地点に近づけておくことをお勧めします。

 

今回は以上となります。
何かお役に立ちましたら幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございます。

CGパースクリエイター 文元

CGパースクリエイター 文元

京都精華大学にてCGパースを勉強。 もっと学んだ知識を使いクリエイティブな仕事をしたい、という想いからキュビカへ入社。 いつも違った建物に携わり楽しくスキルアップ中です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お見積り・お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
確かなクオリティと迅速な対応で、
クライアント様の建築計画を成功に導きます。

pagetop