キュビカのブログ

大阪の建築CGパース制作会社 デジダスキュビカ > キュビカのブログ > 建築CGパースソフトの使い方 > 【photoshop初心者向け】シームレステクスチャの基本的な作り方

【photoshop初心者向け】シームレステクスチャの基本的な作り方

こんにちは。デジダスキュビカの文元です。

今回はphotoshopを使ってシームレステクスチャの基本的な作り方についてご説明致します。
シームレスとは継ぎ目のない、という意味で3Dモデルに貼った際に繰り返しになっている状態のテクスチャのことです。

今回は下画像を編集していきます。

これは弊社の事務所の床の写真で素材はカーペットタイルです。
作業スペースは画像より二周りくらい大きいほうが良いです。
「ファイル」→「新規」で縦横の大きさを目安ですが、編集画像の3倍くらいの数値を入力しましょう。
今回は縦横3000で行います。

まずは画像を水平垂直に変形させます。
変形させる為にあたりの線を作成します。
ラインツールで書いてもよいですが、ここでは別のやり方で行います。

「表示」→「定規」でビューポートに定規を表示させます。
表示させた定規からドラッグするとガイドラインが作成されます。
縦横のガイドラインを作成しこの線を見ながら画像をCtrl+tで自由変形させます

 

自由変形の際にはポイントが表示されるので
Ctrlを押しながらドラッグで変形させ垂直水平にします。

変形後はガイドは不要なので「表示」「表示・非表示」「ガイド」のチェックを外すとガイドが消えます。

次に使用する部分を長方形選択ツールで囲います。
下部分は影になっているので上部分を使用します。

長方形選択ツールで囲ったら「Ctrl+c」「Ctrl+v」でコピーペーストを行います。
コピーしたら元画像は邪魔になりますので非表示にしております。

レイヤーの左の目をクリックして消すと非表示になります。
ちなみに目があった場所をもう一度クリックすると表示されます。


次に色の調整をしていきます。
まずはCtrl+Shiftを押しながら移動で上の端に画像をコピーします。
ちなみにShiftを押すことで移動を水平、垂直、斜め45度のいづれかに固定することができます。

コピーすると良くわかりますが境目に明暗の差ができています。
つまり上下で明るさがちがうのであわせていきます。

元の画像の上にトーンカーブレイヤーを作成してコピーした上の画像の境目と明るさが合うように少し暗くします。
明るさを合わしたら次の処理です。

今の状態だと画像全体が暗くなっているので下部分だけトーンカーブの影響を受けないようにします。
レイヤーマスクを選択して柔らかいブラシの黒色で下部分だけ塗ります。
これで画像の上部分だけが暗くなります。

次は色を合わせます。
若干色が違うのでカラーバランスで調整します。
シアンを少し入れるため-5にして、先ほどと同じくレイヤーマスクで下半分を黒く塗ります。

作成したトーンカーブ、カラーバランス、画像レイヤーを結合します。
同じ要領で次は左右の明るさ色を合わせます。
最後に結合します。
ちなみに結合するとヒストリー以外に戻ることができないので、コピーして非表示で残すのも良いと思います。

次に繰り返しになるように編集します。
長方形選択ツールで上部を大まかに囲ってCtrl+Shiftを押しながら下にドラッグします。
すると囲った部分が切り取られ下に移動されます。


そして移動先のつなぎ目が目立つのでコピースタンプツールで塗り、違和感をなくします。
直接画像レイヤーに書き込むのが不安な場合は新規レイヤーを作り、そこにコピースタンプで塗ってから結合でも良いです。

これで上下は繰り返しに対応できるようになりました。
同じ要領で左右も繰り返しに対応できるよう編集してみましょう。
切り取り移動後、境目をコピースタンプで塗れば上下左右繰り返しに対応できます。

より良いテクスチャにするのであれば上横斜めにコピーし、コピースタンプで繰り返しが目立つところを塗りつぶします。

以上がシームレステクスチャの基本的な作り方です。
何かお役に立ちましたら幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございます。

CGパースクリエイター 文元

CGパースクリエイター 文元

京都精華大学にてCGパースを勉強。 もっと学んだ知識を使いクリエイティブな仕事をしたい、という想いからキュビカへ入社。 いつも違った建物に携わり楽しくスキルアップ中です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お見積り・お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
確かなクオリティと迅速な対応で、
クライアント様の建築計画を成功に導きます。

pagetop