先輩クリエイターのインタビュー

大阪の建築CGパース制作会社 デジダスキュビカ > 採用情報 > 建築CGパース制作担当 山元

建築CGパース制作担当 山元

2014 年入社。
前職で培った建築CGパースの経験を活かし、キュビカへ。
毎日新たな発見があり、日々スキルアップのため勉強中。

まず入社したきっかけを教えていただけますか?
丁度前の会社を退職し、就職活動をしていたところ、求人情報サイトにキュビカの求人が掲載されていました。制作スタッフの林が後任として私を指名、スカウトメールを送ってくれたことがきっかけです。前職も同じ建築CG制作の仕事をしており、丁度家が吹田で近かった為、すぐに応募しました。
入社してよかったと思える事は、どんな事でしょうか。

今の職場で使用しているソフトは3dsMaxといって建築CGという点ではスタンダードですが、前の職場では建築とはあまり関連のないCGソフトを使用していました。前職では代表と私のみで他にメンバーがいませんでしたが、キュビカでは他にもスタッフが在籍しているので、前職のときに比べるとほかの人のやり方が学べるためよいと思います。

現在は3dsMaxを使っており、モデリングや計算もこのソフトで行っています。
モデリングで建築の模型を作り、その後レタッチを行う際にPhotoshopを使っています。

例えば、創りたいものが同じでも、人によってアプローチが異なる為、別のアプローチの方法を学べることが私にとってはとても大きな学びとなっています。私の固定観念、やり方に固執することなく、他のやり方をいろいろと知ることが出来たことが大きいですね。

CGパースデザイナーとしてのこだわりはありますか?

あるとすれば納期があるので、限られた時間の中でどこまできれいに仕上げることを目標とするのか、という部分についてはいつも悩むところです。レタッチの部分も含め、極端に言えば、絵として見たときにどうか、という所にはこだわります。限りのある時間の中で高級感、シズル感が出ているかどうかというところに重点を置いています。

まだ技術を学んでいる最中であり、自分のこだわりという意味ではまだまだだと思います。お客様のご要望にお応えすることが第一と考えていますので、そこが自分にとって一番のこだわりなのかもしれません。

どんな人に来てほしいですか?

建築に限らず、基本的なソフトウェアの知識があり、技術を伸ばしていける方がいいですね。あとはコミュニケーションが取れる方、きちんと会話が成り立つ方でしょうか。この業界はまだ浅いですが、クリエイターは一般的にコミュニケーションが苦手な人が多く、意思疎通が出来ない人が多いとききます。チームで連携して作業を行うことがほとんどですので、やはりコミュニケーションが出来る人に来てほしいですね。

また技術的に率先力がある方がいいですね。
モチベーションが高く、技術の面でリード出来る位の力がある方であれば、みんなのやる気にもつながりますし、知らない事を教えあったりという事が出来るのではないでしょうか。

この会社で身に着けた技術と経験はありますか?

各種ソフトウェアの使い方です(3dsMax、Photoshop)
自分のやり方だけではなく、別のアプローチの方法を学びました。

技術面以外では、前職では一人で全部担当していた業務を、みんなで分担できるところは本当に助かっている。お客様との打ち合わせや見積もりの部分は社長が通常対応するため、私は制作に集中することが出来ています。今の方が断然効率的にいいですし、作業に集中できますのでストレスも少ないです。

今後の夢や目標はありますか?

この会社に入社してから3dsMaxを学んだので、毎日新しい発見があります。
もっと技術力を上げていければ、と考えています。

他の先輩によるインタビュー

お見積り・お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
確かなクオリティと迅速な対応で、
クライアント様の建築計画を成功に導きます。

pagetop