キュビカのブログ

大阪の建築CGパース制作会社 デジダスキュビカ > キュビカのブログ > 建築CGパースソフトの使い方 > 3dsmax・よくあるトラブルの対処法・設定の仕方

3dsmax・よくあるトラブルの対処法・設定の仕方

こんにちは。デジダスキュビカの文元でございます。
今回の内容は3dsmaxのトラブル対処法、についてでございます。

 

皆様は「モデルを作りたいのに反応しない」とか「変なボタンを押してツールバーが消えた」などの経験はありますでしょうか?

私は3dsmaxを使い始めたころこのようなことが何度もありました。
なのでトラブルに対してどの様に対応したのかをご紹介させて頂きます。

 

~3dsmaxでモデルを作りたいのに画面が反応しないときのトラブル対処法~

 

3dsmaxで、ボックスや長方形などモデル作成のツールが全く使えない。
クリック、ドラッグが反応しない。
そんな時、作業ビューポートの左上が「正投影」になっていませんか?

 

その「正投影」をクリックして、その中の「トップ」や「フロント」を選択して一度視点をリセットしましょう。
私の場合はモデル作成のツールが使えなくなったときは全てこのやり方で解決しています。
この症状は良くあります。実際私もあります。今でもあるんです。
なので視点をリセットすることを試してみてください。

トラブル対処設定-01

~3dsmaxでツールバーが消えてしまったときのトラブル対処法は~

 

3dsmaxを使い始めて1週間程でしょうか。よくツールバーが消えて何度も作業がストップしました。
そのときは2つのやり方で元に戻りました。

 

1.エキスパートモードを解除するトラブル対処法

1つめはショートカットCtrl+Xでエキスパートモードになっていた。

エキスパートモードとはツールバーを消してショートカットキーのみで作業をする上級者向けの状態です。
おそらく一つ前に戻るショートカットCtrl+Zキーと押し間違えたのでしょう。
ZとXの配置は隣ですので。

Ctrl+Xでエキスパートモード。もう一度Ctrl+Xを押すと元に戻るので試してみてください。
または右下に「エキスパートモード中止」とありますのでクリックすると戻ります。

 

2.ツールバーのカスタマイズによるトラブル対処法

2つ目の方法は右上のツールバーの空白領域で右クリックするとタブが出てきますのでそこでツールバーのカスタマイズを行います。
こちらの内容は先週投稿の「(初心者向け)3dsmax・モデルの移動」のツールバー設定についてで書いております。
ぜひ目を通して試してみてください。

トラブル対処設定-02
トラブル対処設定-03

~3dsmaxでうまくモデルを選択できないときのトラブル対処法は~

 

3dsmaxで、クリックしてもドラッグしてもモデルが反応しない。
こんなトラブルのとき、私の場合3つの内容で解決が出来ています。

 

1.視点のリセットによるトラブル対処法

1つ目は上記で書いたものと同じく視点をリセットすることです。
「正投影」になっている場合不具合が起こることが多いので「トップ」やフロントに戻り、再度作業を行います。

 

2.ドラッグによるトラブル対処法

2つ目はドラッグで選択できる種類をかえることです。
ドラッグすると破線の四角が出てくると思います。
その線の枠に触れているか全て囲っているかのどちらかでモデルの選択が出来るかどうかの設定を行うことが出来ます。

 

下の画像のツールバーの設定の有無だけで変わります。
いつの間にかクリックしていて設定が変わっていた、というのはよくあることなので気をつけましょう。
ちなみは私は破線の枠に触れているもの全てを選択されるように設定していますが、細かい作業を行う際は全て囲って選択する設定に変えています。
場面場面でこちらの設定をかえると作業の効率が上がりますよ。

 

3.選択対象を限定することによるトラブル対処法

3つ目は選択できる種類をかえることです。
上部に初期設定では「全て」となっているツールがあります。
その設定をかえるを「オブジェクト」「ライト」「カメラ」など選択する対象を限定することが出来ます。
モデルの種類が増えてきたときは選択がしにくいので選択対象を限定して作業を行うと、とてもモデリングがやりやすいですよ。

トラブル対処設定-04
トラブル対処設定-05

トラブル対処設定-06

以上が私が行うトラブル対処法です。
何かお役に立ちましたら幸いです。
最後までお読み頂きありがとうございます。

CGパースクリエイター 文元

CGパースクリエイター 文元

京都精華大学にてCGパースを勉強。 もっと学んだ知識とクリエイティブな仕事をしたい、という想いからキュビカへ入社。 いつも違った建物に携わり楽しくスキルアップ中です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

お見積り・お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
確かなクオリティと迅速な対応で、
クライアント様の建築計画を成功に導きます。

pagetop